雛鳥ブログ

「英雄伝説 暁の軌跡」の攻略

常設追加キャラレビュー2020

 去年と同じく、無印版の4周年FES追加キャラのレビュー。

今回はボーナス支援キャラだけの模様? 最新ピックアップ以外が役に立たない状況が年々酷くなっていっているので、常設にも毎回手を入れて欲しいところだ。

 

absfield.hateblo.jp

 

f:id:absfield:20200827080652j:plain

 今回は、エマ、ユーシス、ミリアム、ガイウス、マキアス、エリオットの六人。去年と合わせて旧Ⅶ組が全員集結……ラウラだけ居ないじゃん!?

  ようやく2018年後半のインフレ第一段階に追いつき、エマ以外は全体パッシブ持ち。ストーリーや探索地の敵相手ならば、どれも一騎千頭の活躍をしてくれる。

 

2020年ボーナス支援追加キャラ

数値は★6LV30時。STR=物理型、ATS=魔法型、P=全体パッシブ持ち

 

エマ  ATS 1208

 幻の6連結アーツ使い。競合としてはカンパネルラ、オリビエがいるが、この中では一番アーツ寄りのパッシブを持っている。

 2017年と実装時期が古く、前回のクロウよりも前、フィーやアリサと同時期のキャラ。つまり今回追加キャラではかなり弱いが、他にシェラ姉しか持たないAT加速クラフトや、常設ではルシオラしか持たないアーツ/クラフトの通常バリア100%貫通というレアスキル持ちなので、そこまで見劣りはしない。

 領域は貫通できないのでトップ環境で通用するほどではないものの、することがなければ「クレシェントシェル」を使えばいいので、低戦力帯の試練の道などでは十分に役立つだろう。

 閃キャラには珍しくアーツ優先AIなので、自動で使う場合はアヴァロンゲート、ダークマターなどの習得がオススメ。

 衣装からは推薦状40枚で、それなりに貰えているが、加速クラフトのメリットが大きく見積もられているのか、シェラ姉と同じく性能の上がり幅はマイルドな傾向。

衣装

水着:全体パッシブとして、発動時に加速するタイプの完全バリアが付く。

Xmas:加速バリアが「幻の領域」化、他は遅延無効が付いたぐらい。加速クラフトの価値は相対的に低下しているのでやや物足りない地位になっている。

 

 

ミリアム  STR 1261 P

  2018年実装。全体物理バリア5回。パッシブ的には物理型のブルブランと言った感じ。雑魚モンスターは物理攻撃が大半なので、特に序盤なら加入時点で難易度を爆下げしてくれる。

 広範囲・地点指定の大円クラフトと自己バリア、ダメージを受けると状態異常解除&一定CPを下回るとターン終了時CP+10という自己パッシブにより、前衛としても抜群の使いやすさがある。流石はアルティナのお姉さん。

 モバイルではXmas衣装の実装が早く、環境トップクラスにいるが、無印では推薦状40枚クラス*1の中堅キャラ扱いで、主要な性能は貰えない傾向にある。

衣装

Xmas:敵に2種の被ダメデバフを付与でき、火力を伸ばす方向性。以降使い勝手が大して変わらない通常クラフトが増え、グレンが大量消費されるのが難点。

メイド:衣装デュバリィと同系統の「追撃」と被ダメージ-150%という強力な全体パッシブを新規獲得。敵がダメージ減少効果無視を持っていなければ大抵0ダメで一方的に殴れるが、こちらも領域貫通や連撃がないと何も出来ない環境なのでサポート役に。

 

 

ユーシス  ATS 1345 P

 2018年実装の元推薦状40枚。この時期まで、新キャラには伝統的に推薦状が付かなかったのだが、流石に男キャラはそのままではガチャが回らないと判断されたのか、以降推薦状が付くようになっている。

 初の全体パッシブでの開幕全体f:id:absfield:20190204163944j:plain起死回生「2回」持ちで、当時はフィーの追撃対策として最新鋭のキャラだった。しかし今では連撃や解除持ちが多数いるので、この面でのアドバンテージは殆ど残っていない。

 個人性能としては、クラフトAIの魔法型かつ、地点指定中円クラフト・地点指定大円Sクラフト持ちであるため、ステルスにも強く、シャロンに似た雑魚掃討タイプ。

 原作での存在意義「ノーブルオーダー」がパッシブとして組みこまれており、「アークブレイド」を撃つ度に掛け直される。消費CP35とやや重いのが難点だが、そこさえ解決すれば使い勝手は良好。魔法型なので、船員としての道もある。

  クロウに似た踏み台キャラだが、クロウは衣装が貰えているので、ユーシスの衣装がどの程度のペースで供給されるかが今後の見極めどころだろう。

 

 

エリオット  ATS 1785 P

 空の6連結アーツ使い。競合はリーヴ程度なので安泰(リーヴにとっては天敵)。

 元々は2019年、サポチケ付きの月末・実質推薦状30枚で実装されたため、今回追加キャラの中でもやはり一回り強い。モバイル版では削除されてしまった開幕の敵全体拘束全属性有効率操作とアーツダメージUPの相乗効果でアーツの火力を大幅に上げることができるのが特徴。

 さらにエリオット本人は開幕駆動時間0。衣装レンと同じく、道でいきなりアヴァロンゲートで殲滅したり、メルティライズでCPを配ったりできるので、限定キャラが相当揃ってくるまでは活躍可能な、デキる男の子。

  今回追加キャラではミリアムと並んでオススメといえるが、いくら可愛い(父談)とはいえ男キャラなので衣装が来るかは不安がある。

 

 

ガイウス  STR 1823 P

 2019年・元推薦状40枚キャラ。旧Ⅶ組としては一番最後に、マキアスとセットで実装された。この中では一番最新なだけあってインフレを感じさせるパッシブ盛り盛り。

 エリオットと同じく開幕の敵全体拘束持ち。更に全体f:id:absfield:20190204163944j:plain起死回生1回、高回避、ダメージ軽減持ちと開幕の生存力ではピカイチのキャラ。反面、効果が続くのは、3~6ターンで再付与手段がないので、切れてしまうと大半の力を失う短期戦特化型。

 今では「水着ティオ」の劣化に近いが、探索地・大乱闘攻略ではその劣化ですら十分すぎる性能。序盤に当てた雛鳥にはいい風を吹かせてくれるだろう。

  リィンとクロウ以外のⅦ組男子は、衣装を一枚も貰えていないし、今後貰えるとしても頻度は低いと思われるので、そのうち風が止んでしまうのは否めない。

 

 

マキアス  STR 1763 P

 ガイウスのオマケのような形で同時実装された、閃におけるジンさんやダドリーポジションの人。

 全体パッシブとしてダメージ減少効果無視を20%~盛れる。現状、試練の道では永続ダメージ減少100%の敵が平気で出てくるので、減少効果無視持ちが十分に揃っていない時期は役に立つ。が、ターン制限があるので、記念イベントや道の後衛としてワンチャンあるかという程度。

 まあそこまで有力なスキルを持たないというだけで、「地属性」のキャラ自体、滅茶苦茶環境が悪く、トワとノエルしかまともに衣装を貰えていない中で、愛を持って使えばそれなりに戦える分、ジンさんよりは恵まれていると見るべきかも。

 また、今年ダドリーに衣装が来ただけに、今後のFESでお祭り衣装が貰えるかもという希望は残っている。がんばれマキアス。

 

 

次回(来年)予想、雑感

 ようやくのエマ追加で、加速役がシェラ姉一択でなくなったのが今回一番嬉しい部分。また、ガイウス、エリオットはわりと最近の環境でも使えるので予想外だった。

 今回、Ⅶ組で唯一実装されなかったラウラはほぼ次回のボーナス支援確定として、レン、シャロン、マクバーン、ヴィータの結社勢も手つかずで長らく入手不可となっている。常設で入る可能性もありうる?

 現状、本当にアーツが死にすぎているので、時期的にはやや早いかもしれないが、ルーファスや、マリアベルというアーツ救済キャラが常設化されれば多少はマシになると思うのだが……。

*1:2018年以降は、イベント支援ガチャで付属する推薦状の数が少ない=天井が高いほど強力な性能になっている傾向がある