雛鳥ブログ

「英雄伝説 暁の軌跡」の攻略

不死者の倒し方

  2019年「不思議の国のアリス」衣装以降急増した、条件次第で無限復活・無限バリアを付与する厄介な不死者達。倒し方を知らないと永久に倒せないということになりうるので遭遇した時の対策を考えておこう。

(試練の道のページに追記してきたものを分離)

 

不死者リスト

()内は一撃で倒す場合の必要連撃回数

 

 現状必要な性能のまとめ

 試練の道・武術大会で遭遇するパーティによっては、こちらが倒されなくてもこれらの性能がないと絶対にトドメを刺せないため、ほぼ詰み確定。

性能 必要量 備考
通常バリア貫通 単体100% 領域には役に立たないが、
無限バリアを突破するのに必須
被ダメージアップ
減少効果無視

合計360%

永続軽減効果+メイドミリアム+水着ティータを
突破するのに必要な最低値
連撃
(追撃は1パッシブで連撃+1)
連撃6回
追撃2重

オーレリアなど6回持ち+クルト対策

領域貫通&解除 1人 クルトがターン制限無しの無限領域のため必須

 

その他有用な性能


バリア発動連撃(新選組リィン、シャーリィ、クロウ)…マリアベルの魔道領域剥がしに便利。2回止まりのクロウ以外は無限領域3回も突破可能。

連撃-2無効(花嫁デュバリィ)…クルトやマリアベル対策。ただしオーレリアの-1は無効化できない。

通常バリア事前解除(衣装トワ)…水着サラの貫通無効を無視してはぎ取れる。

ダイレクト固定ダメージ(衣装リーシャ)…ダメージ減少効果をどれだけ積まれてもダメージが通る。

 

 

無限「領域」バリア持ち

  「シールドを発動させると」再付与されるという条件のため、回数分削っていくということができない。バリア連撃キャラで一気に削るか、領域貫通キャラのみが届かせて貰える。それ以外は待機するしかない。

現時点の対抗手段は、以下の5パターン。後ろ二つは起死回生と合わさると対処できない組み合わせもあるので、やはり領域貫通+連撃6回持ちが正義か。

  • 領域貫通・解除持ち
  • 特定属性のみの領域無効化…アッシュ(火のみ)、花嫁デュバリィ(風のみ)
  • 新選組リィン&シャーリィの「バリアでも発動する連撃」で一撃で3回削る。(最後の一回のみ入る)
  • メイドアルティナの反射領域でわざと範囲クラを撃たせ自滅させる。

 

ローゼリア(8)

開幕・自分のみf:id:absfield:20190906082512j:plain紫起死回生8回&「緋の領域」6回。EPが100%の時、無限再付与。これらをアーツ以外で剥がそうとすると再付与。EP90%以上で被ダメ-100%、Mオーブメント効果で被ダメ-100%/1T。

敵全体に「逢魔時」/4ターン:AT加速無効、連撃回数-3、追撃無効、アーツ使用時、敵の被ダメ-200%。

 まず、EPを100%未満にするためにロゼにアーツを使わせ、その状態から緋の領域」6回を削っていく。アーツには未だに「バリア発動時多段攻撃」がないため、ちまちま1回づつ、減少効果無視210%以上が乗ったアーツを撃っていくしかない。全体パッシブでのアーツ系ダメージ減少効果無視持ちはXMasレン/200・マリアベル/100・ルーファス/75しかいないので前2人は確保しておいた方が良いだろう。

  まあ、現状これは勝てないw  試練の道で出会ったら即撤退で。

 

 

クルト(6)

f:id:absfield:20200509195155j:plain

  敵の連撃回数-2(永続)。開幕に「風の領域」3回&f:id:absfield:20190204163944j:plain起死回生6回/各3ターンを全員に付与。風の領域はバリア発動時とクルトが存在する限りターン終了時に無限再付与。風の領域付与中は、起死回生解除無効。

 クルトの無限領域はパッシブMAXになっていると実質ターン制限がないので、パッシブ切れ待ちも通用しない。(無限の塔の場合はパッシブは初期レベルなので、クルトにターンが回るまで攻撃せずに再付与がつかなければ倒せる。)

 領域貫通 or 解除が必須。対策が無い場合、出会った時点でほぼ負け確定。

 花嫁デュバリィは対クルト特化というような性能に見えるが、領域解除がダメージ発生のため、開幕の風花が切れると無限領域を突破する方法が無く詰んでしまうので、領域貫通連撃6回キャラもいた方がいい。現在はマリアベルの登場で容易に狩れる。

 

 

新選組フィー(6)

f:id:absfield:20200815205033j:plain

 開幕に「風の領域」3回&f:id:absfield:20190204163944j:plain起死回生6回(発動時無限再付与)/3ターンを全員に付与。フィーの行動終了時、3回まで全員にステルスを付与。このステルス中は「風の領域」が無限再付与される。敵全体に「撃迅」(連撃回数-2)3ターン。

 フィーが動くまでは普通の領域なので、可能ならSブレイク連打で速攻で倒す。フィーにターンが回ると領域貫通連撃6回を全員に撃たれるリスクがあるので、クルト・花嫁トワ・火の領域持ちなどで対策しよう。ステルスが切れればこちらの勝ち。

 

 

セドリック

 開幕に貫通無効バリア「火の領域」3回/3ターンを全員に付与。火の領域はバリア発動時とセドリックが「バーニングクライ」使用で無限再付与。更に敵全体に「劣等」:行動終了時通常起死回生解除&HP50%分のダメージ/2ターンを付与。HP回復量-50%。

 「劣等」はXmasレン等の紫版起死回生は解除できないので、持っていれば余裕だが、いない場合…特に試練の道では、素の状態で回復量0になってしまうため、2ターンで自滅させられてしまう。クレアやエリィなどの回復量上昇系パッシブ・メディオーブ効果で耐えよう。

 領域再付与は補助クラフト起点なので、「劣等」さえなんとかなれば、他の無限領域持ちよりは切らしに持ち込みやすくはある。

 

パーティクロチルダ(4)

f:id:absfield:20200305193951j:plain

  開幕に全状態異常無効1ターンと貫通無効バリア「水の領域」3回/3ターンを全員に付与。水の領域はバリア発動時とクロチルダがアーツ使用時に無限再付与。

 とうとう領域版無限バリアがきてしまった。クロチルダがアーツを使ってくるかは運と相手のオーブメント構成次第なので、クラフトと通常攻撃しか使ってこないのであっさり領域が消える時もあれば、低消費のアイシクルエッジを連打してきてどれだけ粘ってもターン切れに持ち込めない…というケースもある。

とはいえEPは有限なので、こちらが絶対倒されないパターンならEP切れをひたすら待ちつづけることはできる。水着ティオの「導力遮断Ⅱ」はシールドで防がれたときにも発動するため、全状態異常無効が切れた後であれば安定して狩れる。

f:id:absfield:20200706143405j:plain

 普通のヴィータも結構頻出するため、判別は髪飾りで。水色っぽいのがノーマル。

 

f:id:absfield:20190906082512j:plain紫起死回生持ち

 このアイコンが点灯中のキャラはアーツ以外でリカバー発生時に無限復活。「起死回生解除効果」で解除することができないので、回数分の連撃かアーツで倒すしかなく、アーツの場合でも、現状Xmasレンがいないと他キャラ次第でお手上げ。倒したければ対策は必須。

 

オーレリア(6) 要CP対策

f:id:absfield:20191209095628j:plain

 3周年FESキャラ。過去に「※アリアンロードには無効です」と書かれていた「完全耐性」を与えられているため、状態異常・能力低下・遅延に加えて最近のキャラのデバフパッシブが通じないという特別待遇となっている。有効なのは領域系バリア・CP削り・汎用系被ダメージアップ・一部の状態異常扱いではないパッシブ(ミュゼの魅了など)。

 自分のみだが解除不可のf:id:absfield:20190906082512j:plain紫の起死回生6回を初期状態で持ち、アーツ以外で発動させると無限再付与。CP70以上でも無限再付与。また「威圧」が付与されている間はこちらの連撃回数-1CP回復・加速禁止。

 衣装ノエルあたりと一緒に出てくると「威圧」を切らしにくい&すぐCP70以上になってしまうのが最大の難なので、「威圧」をティア連打等で切ってから、CPを回復し、6回連撃 or 6回アーツダメージを叩き込むのが確実。現在はデフォで6回持ちも多いので、更に追撃持ちを重ねていけば瞬殺も視野に入る。

 

 

新撰組ラウラ (6)

f:id:absfield:20200602082731j:plain

 開幕・自分のみf:id:absfield:20190906082512j:plain紫起死回生6回/3ターン&「水の領域」6回&「蒼刃」「精神統一」各3ターン(被ダメージ合計-200%)。敵全体に「撃断」:味方がクラフト使用時、ラウラに上記効果を無限再付与/2ターン。

 「撃断」付与中は「領域貫通&6連撃&減少効果無視110%以上」が必要な最硬キャラ。「威圧」と同じくまず「撃断」を切らしてそこから「水の領域」6回を削り、アーツか連撃6回を叩き込む。

 まあ手順が怠くなっただけで、無限領域勢よりはマシ。オーレリアに対処できていれば一緒に対策できるはず。

 

Xmasレン(6)

f:id:absfield:20200116130946j:plain

  開幕・味方全員にf:id:absfield:20190906082512j:plain紫起死回生6回/3ターン。アーツ以外でリカバー発生時に無限再付与。

つまりオーレリアの全体版。ただ、威圧と完全耐性がない分、レンの方が多少対処はしやすい。オーレリア対策でどうせこちらもXmasレンを入れるか、6回連撃編成をしないとならないので、好きな方で。お供次第だが、フリージングなどでハメて持久戦もできなくはない。

 

 

制服リーシャ(6)

自分のみf:id:absfield:20190906082512j:plain紫の起死回生6回。オーレリアと違って威圧はないので普通に連撃6回かアーツでOK。

 

アリアンロード(4)

f:id:absfield:20191208201426j:plain

 2周年FESキャラ。オーレリアの実装時に上方修正され、f:id:absfield:20190906082512j:plain紫起死回生4回が開幕に付くようになった(が、新キャラのパッシブが効かない特権はオーレリアに取られてしまった。) 仮面は劣化版という位置づけのようで、特に強化はなし。

が、これはダメージを与えればすぐに解除されるので、通常は一手間掛かるというぐらい。稀にみかける低LVアリアンロード+吸収特化という嫌がらせ構成には、連撃4回以上が必要。

アリアンロードは連撃や被ダメージアップを持っていないので、攻撃面では完全にインフレに取り残されている。無限領域や起死回生などがあればどうやっても負けることはないだろう。

 

 

 

 無限バリア持ち

 通常のバリア(シールド効果)を無限に貼り直す者たち。

 貫通パッシブ or バリア解除 or バリア発動連撃があれば怖くないが、無ければ 詰み。なお通常バリアに対して領域解除・貫通は通じないので新選組フィーなどであっても別途全体パッシブで貫通を持たせないと為す術はない。

 

花嫁トワ(6) 要CP対策

  開幕に「地の領域」3回、無限通常バリア2回(戦闘不能or起死回生発動で反撃1回)、f:id:absfield:20190204163944j:plain起死回生6回を全員に付与。敵側にバリア貫通無効4ターンを付与。トワ自身の戦闘不能時、反撃1回。

 通常領域+無限バリアの組み合わせ。地の領域はエナジーレインでの手動再付与なので、普通に削り、貫通無効をティア連打などで消せば後は普通に倒すだけ。

 相変わらず道連れCP削りカウンター追撃が鬱陶しいが、無限バリアの付与効果なので、甘んじて受けて貫通で速攻する方が早い。相・カウンター追撃持ちになると壮絶なカウンター合戦が開始されるので、こちらは被ダメージ軽減100%以上で0ダメージになるようにしておくと安全。

 

 

アリス・トワ(2)

f:id:absfield:20190629203438j:plain

 全体・無限通常バリア2回(戦闘不能、反撃1回 or 起死回生発動時、反撃2回)、起死回生2回。トワ自身の戦闘不能時、反撃1回。

 アリスシールドはいくら攻撃しても減らない無限バリア。このため、こちらも衣装トワでバリアを解除(ノーマルトワは魔法バリアのみなので解除できない)するか、バリア貫通持ち入りのパーティで対処するしかない。

反撃対策も重要。女王サラと異なり、戦闘不能起点で道連れカウンターをしてくる闇属性系パッシブなので連撃や起死回生解除してから倒してもこの反撃1回(×4人)は回避できない。ダメージアップパッシブが大量に積まれている場合、相討ちで敗北してしまうことがあるので注意。不安な時は焦らず1体ずつ慎重に倒していこう。

カウンターのダメージを下げるには、蒼騎士などのダメージ軽減系パッシブが有効。衣装ノエルの被ダメ加速等も回数分行われるのでダメージさえ下げればご褒美。

低戦力の場合、育成されきっていない状態で出てくることもあり、無限バリアはトワのコマンドクラフトに依存しているのでバリアが付かずにあっさり倒せることもある。

 

 

 

水着ティオ(2)

f:id:absfield:20191218110835j:plain

  メガネがあればセーラー、なければ水着。全体・完全バリア1回(+ターン終了か発動時に無限再付与)、起死回生2回+ターン終了時無限再付与。被ダメージ-35/6ターン。

 セーラーティオから更に無限バリアが付いた感じ。トワのような道連れ性能はないので、バリア貫通持ちキャラで削るだけでOK。35%とはいえ、水着ティータなどと合わさるとギリギリ通らないといううっかりが起こりうるので気をつけよう(ダメージ軽減を持っているのはみーしぇ以降)。

 

 

通常「領域」バリア持ち

 「〇〇の領域」の名前が付いた新種バリア。通常のバリア貫通・解除無効。

極端な話、CP供給が十分ならSブレイクで3~8回連続攻撃すればいいので無限持ちに比べれば対処はしやすい。

 

水着クローゼ 要CP対策

 永続ダメージ軽減+50%。開幕に「水の領域」3回を全員に付与。クローゼがクラフト/アーツ/道具使用時に再付与。クローゼがダメージを受けるかバリア発動時、攻撃者に「アテンション」(疑似挑発)1ターンを付与。

 無効化できない挑発・「アテンション」がやばすぎる。攻撃したが最後、クローゼに通常攻撃をしかけ続ける木偶と化すので領域ごと一撃で仕留めたい。

 

 

マリアベル(6) 要CP対策

f:id:absfield:20200815205149j:plain

 開幕に「魔導領域」6回を自分に付与。敵側に「執念」(連撃-2、毎ターンCP減)4ターンを付与。

 魔導領域は新種の領域バリアでまだ貫通持ちのキャラがいない。しかも付与中は空以外の領域を貫通して全員に6回アーツダメージが来るので開幕全滅もありうる。

 空の領域持ちは現在のところユウナのみ。また、再付与はないので、Sブレイクループ新選組リィン等のバリア発動時連撃でマリアベルにターンが回る前に削り切ればこちらの領域を突破することができなくなり、安全に対処できる。他には「通常バリアの貫通無効」パッシブを持つ花嫁トワ・水着サラも有効。

 マリアベルのパッシブはアーツにしか乗らないので、Sクラには多段アーツダメージも領域貫通も付かない。お供にミュゼなどを連れていて常時Sクラモードの場合は逆に倒しやすい。

 

 

新選組シャーリィ

 開幕に「時の領域A」6回を自身に付与。時の領域Aが発動する度、シャーリィの被ダメージ-50%/4ターン(蓄積)。この被ダメージ効果が切れると「時の領域A」を再付与。

 開幕に「時の領域B」3回を全員に付与。シャーリィが敵にダメージを与えると再付与。敵全体に「鉄撃」:行動不能&通常のf:id:absfield:20190204163944j:plain起死回生を解除・禁止/2ターンを付与。(シャーリィ本人とオーレリア、パーティクロチルダ、花嫁トワには無効)

 攻守ともに厄介。まず開幕の強制拘束を凌がないとならない。無効キャラが居ない場合、Xmasレンの紫起死回生や、他の領域+「撃取」、「断気」などの保険が必須。

 領域を発動させなければ楽に倒せるが、それ以外だとシャーリィは合計で軽減率300%超となるため、被ダメージアップ&減少効果無視の合計で360%以上を用意しないとならない(が…現状だとほぼ選択肢は絞られてしまう)。Aはターン毎の再付与はないため、こちらの数字が上回っていればこの6回を削る分にはそこまでクロウしない。

 また、他の新選組と同じくバリア発動連撃を持っているので、300%の壁を越えられずともメイドアルティナの反射領域が最大11連撃となり自滅してくれることも多い。(鉄撃が残っていると起死回生で耐えられずにそのままやられる場合もある)

 

新選組リィン(4) 要CP対策

f:id:absfield:20200113162744j:plain

 開幕に「時の領域A」4回とf:id:absfield:20190204163944j:plain起死回生4回を自身に、「時の領域B」3回を全員に付与。リィンの行動終了時、「時の領域A」を再付与。「時の領域A」が発動するとBが全員に再付与。敵全体(こちら)に「撃剣」:ターン終了時全体CP-40/2ターンを付与。(リィン本人とオーレリアには無効)

 要するにリィンの領域Aが残っている限り、B3回がいくらでも貼り直されるわけなので、 まず7回連続でリィンを攻撃し、バリアを完全に剥がしてから、連撃4回などでフィニッシュ。毎ターンCP40以上(ミュゼ+水着ティータなど)供給しつつ、受付嬢キリカの「断気」やXmasエマの加速クラフトなどで手数を確保しよう。

現在は領域解除・貫通持ちがいればサクッと殺れてしまう。次点では新選組リィン・クロウ・シャーリィは敵のバリアが発動しても連撃2~3回が入る、つまり実質的な領域削り性能を持っているので、3~4手で済む。他の領域系もメタれるので現環境がキツイと感じているなら取る価値あり。

 

 

新選組クロウ

 開幕に「時の領域」3回を全員に付与。クロウがクラフト使用時に再付与。敵全体に「撃取」:通常攻撃・クラフト・アーツ使用不能/2ターンを付与。(クロウ本人とオーレリア、パーティクロチルダ、花嫁トワには無効)

 領域自体は「クロウが行動しなければ再付与されない」ので剥がしやすいが、「撃取」は通常の状態異常無効では防げないので、こちらは2ターン何も出来ない。しかもクロウはバリア発動連撃を全体に対して・貫通付きで撃てるため、領域と起死回生を突破して屠られる可能性がある。

 ただ撃取が防げない場合でも、クロウの連撃回数自体は2回なので、Xmasレンの紫起死回生無限領域があればまず倒されることはない。リィン同様に受付嬢キリカのSPDデバフやXmasエマの加速領域で立て直しを早めるのも有効。

 

 

メイドアルティナ

f:id:absfield:20191205211606j:plain

 開幕に貫通無効の反射バリア「幻の領域A」3回を自身に、「幻の領域B」3回を全員に付与。ターンが回るとBを再付与。

 今回はアルティナ本人がいても解除不能で、3回削って剥がさなければならない。 反射は相変わらず善し悪しで、無限起死回生キャラ+衣装ノエルや受付嬢キリカでAT加速できる点を考えるとミュゼ・ユウナより剥がすのは楽。

「幻の領域」はこちらの貫通攻撃が無効なだけで、返ってくるダメージは(相手が貫通持ちでなければ)通常の完全反射と同じ=魔法バリア・完全バリアで無効化可能。バリア持ちがいなければ、恒常★5キャラとなったブルブランあたりがお手軽。

 

ユウナ/ミュゼ 要CP対策

f:id:absfield:20191208183745j:plainf:id:absfield:20191218110517j:plain

 開幕に貫通無効の完全バリア「(ユウナ)/(ミュゼ)の領域」3回を全員に付与。各キャラにターンが回ると再付与。

新選組以降のバリア連撃があればあっという間に剥がせる。また、こちらもユウナ&ミュゼが前衛にいればコマンド効果で1回で剥がせる。剥がせるのは同キャラの領域のみなので、複数いる場合はこちらも揃える必要がある。

対策がない場合は、Sブレイク併用などで、敵にターンを回さずに3連続で攻撃して削りきる。特にミュゼはこちら側のターン終了毎に味方全体のCP-30という滅茶苦茶な削り方をしてくるので、水着ティータなどを当てて相殺してCPを切らさないようにしよう。

 

Xmasエマ/お雛様アルフィン

f:id:absfield:20200113162758j:plain

 開幕に貫通無効バリア「(エマ)/(アルフィン)の領域」3回を全員に付与。「クレシェントシェル/プリンセスエール」使用で再付与。「幻の領域」発動時AT+30・CP+30。「火の領域」付与中、クラフトの消費CP0。

手動付与タイプ。他の領域系と違って本人が特定クラフトを使わなければ再付与がないので、こちらにも領域系がいればさほど怖くない。ターンを回せない構成ならSブレイク4連発の用意をしておこう。

 

 

リカバー無限復活系

 戦闘不能直前に条件次第で「通常の起死回生f:id:absfield:20190204163944j:plain」が貼り直される不死者。紫のタイプと違ってミュゼ+エリゼなどで起死回生解除+追撃すれば瞬殺できるので、オーレリアと比較すると一段落ちるが、面倒なことに変わりはない。

 

カシウス(3-4) 要CP対策

f:id:absfield:20191205211550j:plain

 開幕全体f:id:absfield:20190204163944j:plain3回。カシウス以外の敵を先に倒すとカシウスのみf:id:absfield:20190906082512j:plain4回。さらに開幕で味方に付与される「戦略分析」が消滅するまでは「味方の行動終了時」にf:id:absfield:20190204163944j:plain3回が敵全体に貼り直され続ける。(こちらにもカシウスがいれば無効化可能)

つまり速攻で倒すにはエリゼ+水着デュバリィ等で起死回生を解除すると同時に追撃するか、連撃(+追撃)で一気に3回を削り切るしかない。

長期戦をやる場合、まず全体CP-30がキツイのでそれ以上のCP供給力が必要。敵に一度でもターンを回すと全体ステルスが入るためターンを回してはいけない。先手を取れればこちらの加速は出来るので、「戦略分析」を消し、カシウスから倒せばあとは消化試合。受付キリカの「断気」はオーレリアには入らないが、カシウスには入るので高確率で先手を取れる。

カシウスは貫通連撃3回を2人に対して撃ってくるので、蘇生不可の道ではオーレリアに次いで厄介。開幕のリスクを確実に減らしたければ領域系バリア持ちを誰か一人はいれておこう。

 

アンゼリカ(2)

f:id:absfield:20190624082602j:plain

 全体・起死回生2回。被ダメージ-25%。カウンターの遅延/CP減が厄介。また、起死回生は「物理攻撃で削ろうとすると」無限に再付与されて倒せない。

連撃・解除無しの物理パーティだとHP1にしてからアーツで焼くしかない。魔法型アタッカー中心のパーティでAT加速からSブレイク連発で速攻したい。

カシウス同様貫通・連撃同時持ちのため、ターンを回すと一人は潰されてしまう。領域系バリアキャラがいると安心。

 

エリゼ(2)

f:id:absfield:20191208183605j:plain

  アンゼリカの魔法型版。起死回生を「魔法攻撃(ATSキャラ)で削ろうとすると」無限に再付与されて倒せない。

アンゼリカと違って厄介なカウンターはしてこないため、基本的には物理キャラで殴るだけで良い。起死回生復活はクラフトレベルで付く効果なので、育っていない場合はただの民間人。ただしミュゼと一緒に出てくると貫通+Sクラで起死回生解除+全員追撃で一発壊滅まである超危険人物と化すのでこちらも領域系で対処しよう。

 

水着クレア(2)

f:id:absfield:20191205211524j:plain

 3ターン、起死回生2回を無限再付与。アンゼリカとエリゼから再付与条件の隙をなくした感じで全員貫通100%・開幕チートも持っているので連撃2回以上か、起死回生解除キャラ無しには手が付けられない。

 エリゼとは異なり、クレアの起死回生解除は処理順の関係でそのまま倒されることがないので、こちらが領域や起死回生を貼り続けることで防衛戦は可能。

 

ルーファス(2)

f:id:absfield:20191205211508j:plain

  アンゼリカのクラフト版。起死回生を「クラフトで削ろうとすると」無限に再付与されて倒せない。エリゼのクラフトダメージで起死回生解除を受けた場合は解除優先。

連撃・起死回生解除がなければ、物理型でも良いのでアーツで削る。

 

白ウサギフィー(1)

f:id:absfield:20190621191503j:plain

 全体・起死回生1回。フィーの行動終了時全体ステルスに加え、「ステルス状態にある限り」起死回生1回が無限に再付与され続けて追撃系がないと倒せなくなる。

しかもステルス状態になると対象に取れない=対象を取る旅服リィンなどの追撃やアルフィンのディフェクターは使用不可。なので手番を回してはいけない。味方の加速キャラが先手を取れれば普通に倒せる。

フィーに動かれてしまったら…対処可能なのは「地点指定での追撃・連撃・解除持ち」、女王サラ&リース(カウンター)ぐらい。居なければステルスが解除されるのを待つしかない。ステルスは、反撃や反射などでも、こちらにダメージが入れば解除されるのでサラとのコンビなら逆に倒しやすい。

 

チェシャ猫リーシャ(1)

f:id:absfield:20191208201535j:plain

 起死回生1回+発動で再付与。追撃が有効。「魔法バリアが残っている限り」無限に再付与される。持続時間7ターンもあるので、追撃がなければ、5回魔法型のキャラで攻撃して削るのが手っ取り早い。

アリス系の中ではまだ楽な方。

 

 

 

 

 

 

被ダメージカット系

 100%を超えると「0ダメージ」になるやつ。中程度の戦力でも水着ティータが頻出し、今では課金防具で誰でも150%以上になるので、「被ダメージアップ」と「ダメージ減少効果無視」を合わせて70%~になるパーティを一つは用意したいところ。

 

ハロウィンクローゼ 要CP対策

f:id:absfield:20191208190355j:plain

 血まみれのナース姿で見分けは付きやすい。永続ダメージ軽減+50%。バリアや起死回生は持っていないので、お供が弱ければあっさり倒せる。

 なにが困るかというと、永続50の自己パッシブを持つカシウスやオーレリア、課金防具装備者(=全キャラ)が合算で永続100%~150%になってしまうということ。軽減効果無視や被ダメージアップを持たないパーティで遭遇してしまうと絶対に倒せないため、何も出来ずに撤退するしかない。

 また、CP削り能力も極悪で気を抜くと一瞬でCP0にされてしまう。こちらもエリゼやシャロンなどで持ち直せるパーティで対抗したい。

 

メイドミリアム

f:id:absfield:20191218110458j:plain

 開幕から4ターン、全体ダメージ軽減+150%。自身は永続+50、さらにメディオーブ効果で開幕1ターン+100%。

ハロウィンクローゼや水着ティータと同時にくることを考えると軽減率250~を警戒しなければならないため非常に面倒。ティータと異なり、バリアを使われると無限に6ターン延長されるが、CPがガバいのでSクラを使わせ続けるなどで切らすことは可能。

 

水着ティー

f:id:absfield:20191208183819j:plain

 開幕から6ターン、全体ダメージ軽減+100%+全状態異常無効

なぜか熊耳が付いてるのが特徴。ティータ自身はそれほど痛い攻撃性能を持っていないので、6ターン無限起死回生などでやり過ごせばさほど脅威ではない。待つのが面倒なだけ。

 

ガイウス(1)

f:id:absfield:20190621191345j:plain

 全体・起死回生1回+ターン終了時再付与。5ターンまで全体ダメージ軽減+35%、ダメージを受ける・回避するごとにダメージ軽減+10%・回避率上昇。開幕行動不能チートも持つが、アーツは使えるので、レキュリアを覚えておくと良い。

 火力や命中が足りずに膠着状態に陥るとパッシブが切れるまで0ダメージ&高回避になり、手が付けられなくなる。Sクラ2発で速攻で沈めたい。ティータと同じくパッシブ切れ後はまな板の鯉。

 

 

 

 

 

 

反射・カウンター追撃系

 カウンター追撃は起死回生のリカバー発動時や戦闘不能時に追撃(反撃)してくるキャラ。うっかりこちらが追撃で複数殴ってしまうと人数分の怒濤のラッシュが来る。

 

マッドハッターカンパネルラ(2)

f:id:absfield:20190621192200j:plain

 全体・完全反射1回、起死回生1回+「空間障壁・改(完全反射)が残っている限り」無限に再付与。自分のみ起死回生2回(CP+50&全回復&ダメージ軽減100%/1ターン)。

本編同様嫌がらせに全力投球しているキャラ。特にカンパネルラ本人の起死回生を発動させてしまうと、ほぼ確定でSクラ塩の杭が来る。追撃は、起死回生が残り1回であればそのまま倒すことが可能だが、2回持ちは2連反射や連撃でないと倒せない。

確実な対策は貫通100%連撃2回以上」か「アルフィン等で起死回生を解除して」倒す」こと。f:id:absfield:20190204163944j:plainが消えれば後は普通の敵と同じ。

次点は、アリス・トワ、女王サラ、ブルブラン。複数回のバリアを全員に付けられるので、敵側にレンがいなければ、ゴリ押しで反射されても耐えられる。

いずれも居ない場合は、シェラ姉のいるチームに「トリック」解除用のイノセントアークと、反射対策のAリフレックスが使えるキャラを入れて確実に対処しよう。

 

 

受付嬢キリカ(3) 要CP対策

f:id:absfield:20200120153057j:plain

 手番が回る毎に反撃2回付きf:id:absfield:20190204163944j:plain起死回生3回再付与。

これだけならゴリ押しできるのだが、SPD-40というとんでもないデバフを開幕付与(オーレリアがいれば無効化可能)し、敵全員がCPを削りながらAT加速してくるため味方にターンが回ってくる頃にはCP0でクラフトを使えない、アーツでは早さ負けして削りきれないという膠着状態に陥りやすい。

出来れば遭遇前にCP100以上にしておき、Sブレイクと起死回生解除で速やかに一掃したい。CP削り対策としては、水着ティータなどのクラフト使用毎CP供給キャラを入れた上で、「消費CP0のクラフト」を持つ衣装ランディやシャロン、エリゼが居れば立て直しやすい。

 

 

水着サラ

 全体・反射バリア「攻撃反射B」4回、サラ自身に「攻撃反射A」4回。敵全体に「バーンアウト」4ターン(連撃・多段回数-2、バリア貫通を無効)。サラ自身は状態異常完全無効。

 どうせお供に全体パッシブがあるからという判断なのか、起死回生は失っている。

 バーンアウトが無効化するのは貫通だけで、バリア解除には無力。攻撃前に解除する衣装トワのSクラなら瞬殺可能。命綱はそれだけなので、切れた後は貫通で倒すだけ。切れる前に攻撃or攻撃を反射するとボッコボコの反射タイムになるので注意しよう。

 

 

ハートの女王サラ(2)

f:id:absfield:20190621191526j:plain

 全体・完全反射2回、反撃付き起死回生2回。また、サラ自身は1度に2連続で反射、更に反射を再付与可能という、面倒なラスボス仕様。

カンパネルラ同様、完全反射は魔法攻撃扱いで、Aリフレックスで反射可能。加速から貫通アタッカーで屠るのが手っ取り早いが、なければAリフレックスからの通常攻撃or最弱アーツで一体ずつ剥がしていくことになる。

起死回生時のカウンターは低戦力であればそれほど痛くないので、開幕バリア持ちのブルブランや水着エマ+起死回生役、衣装リース等で安全にバリアを剥がせるなら危なげなく倒せる。