雛鳥ブログ

PC&PS版「英雄伝説 暁の軌跡」の攻略

旧レイドバトル

2018/11/14~2019/07/31まで続いたレイド。どうせまたすぐリニューアルするので(観念)無駄になるだろう、と思っていたら意外に長く続いた。(旧レイド) ※ややこしい仕様が多いので多分間違い多し

→次

absfield.hateblo.jp

 

f:id:absfield:20190127151418j:plain

©Nihon Falcom Corporation.©USERJOY JAPAN CO.,LTD.

 

 

主な変更点

全体として増えたのはトーテム3体。各HP200万でトーテムに与えたダメージもスコアに反映される。

レイドボス自体のHPは1000万のままで最大スコアはトーテム合わせて1600万+起死回生でHPが1で生き残った際の過剰分1桁刻み。これによってレイドボスに与えたダメージ=スコアではなくなり、起死回生分でランキング上位を争う環境となっている。

(※ランキングに載っても特に報酬はない)

レイドボス本体の残りHPが分かりにくくなったためか、100万ダメージ毎のカウントアイコンが点灯するようになっている。共通的な特徴は以前のまま。

アイコン 特性
300万以降 状態異常無効※
600万以降 レイドボスの全ての攻撃がバリアを貫通
レイドボスにダメージを与えるとAT加速
900万以降 行動がリミットアーツ(駆動0 or 駆動なし)に固定

 

特定ダメージでのカウンターアーツ

 300/600/900万に加え、450万・750万が追加。600万以前のカウンターアーツには水着エマなどの無効バリアが有効。*1

 起死回生が解除(300万以降 or アルフィンや追撃等)された状態から一気に削り切れば、カウンターを発動させずに倒せるが、たとえば200万前後から一気に500万与えるなどした場合、連続でカウンターが来るため耐えきれなくなってしまう点には注意。

 また、カウンターを撃つ直前にレイドボスがATUPするため、ノエルのパッシブで加速すると、AT順の上位にいる状況だったとしてもレイドボスが繰り上がって一番上に来てしまう場合がある。

600万以降は直後にSブレイク(攻撃)を撃てばレイドボス側が受けたダメージによって加速してAT順を逆転できるが、300万時点ではレイドボス側はダメージを受けても加速しないので、カウンターからの連続行動を阻止できない。うっかりミスで事故らないよう気をつけたい。

 

 

状態異常

 300万までは独自アイコン系はどれも入る。300万以降はリニューアル後に追加された「フリージング」や「影踏」などは入るが、以前は効いていた「忠誠」などは入らなくなる。また、 トーテムにも状態異常無効アイコンが付くが、基本の状態異常は引き続き有効になっている。

トーテムが行動せずダメージ軽減率+100%アイコンを消せる状態異常は、通常の状態異常+独自アイコンでは「導力遮断」「影踏」等の行動不能&妨害系のみ。

つまりトーテムの行動は、(通常、行動不能効果のない)火傷や暗闇などでもキャンセルできるが、ST変化だけの「祝福状態」、「プリンセスコード」などでは行動してしまう。

 

トーテムの行動

行動パターンは完全に固定。状態異常が入っていなければ以下の行動を取り、自身にダメージ軽減(+100%)/1ターンを付与する。状態異常が入っていれば、その状態異常を解除してターン終了する。(=そのターンはダメージが入るようになる)

  • ルードスード … レイドボスに掛かった状態異常を解除
  • ルードスード・フレイム…レイドボスにダメージアップを付与(永続)
  • ルードスード・グレイブ…レイドボスにダメージ軽減率アップを付与(永続)

トーテムを撃破する毎に敵全体の状態異常が解除され、起死回生1回が付与される。

レイドボスを先に撃破した場合は、ターンが回ると逃走する。(行動不能系状態異常が入っていれば解除してターン終了、火傷などではそのまま逃走)

 

オススメキャラ

基本はメインアタッカー+回復役+加速役+自由枠。背後にノエルや起死回生枠。

正攻法で戦うなら少なくとも範囲回復クラフト持ちは必要。アーツでの回復では間に合わないことが多い。加速は600万以降意味は薄くなるが、壊滅寸前でも立て直しが効く点が大きい。

 

アタッカーⅠ

白ウサギフィー、アンゼリカ…開幕から追撃できる最新アタッカー。300万未満の状態からカウンター演出を見ずに速攻で終わらせられるため、毎日討伐の最適解。

ヴィータ(火曜)、マクバーン(木曜)…属性有効率を上げて二撃目*2で必殺狙い。

バレンタインシャロン…ATアップ禁止が入るため一方的に加速し放題。全曜日楽勝となるが、カウンター5回がダルイので最終的には一撃必殺を追求することになる。

(仮面)アリアンロード、旅服リィン…圧倒的な火力・状態異常&遅延無効を兼ね備える。面倒な金土日に有効。

エリオット、クレア、マーチングヨシュア…900万以降もリミットアーツを妨害可能。アタッカーとしての火力も十分。

リズナーシャーリィ、スクールナースルシオ… 貫通100%と汎用被ダメアップを両方持つ便利屋。厄介な月土に対応できる。ルシオラは少々火力が厳しい。

執事クロウ…(クレアがいない場合)「忠誠」は、後半は防がれるが、開幕のトーテム駆除が安定する。遅延無効なので金曜も仕事は可能。

 

回復役Ⅰ(メイン。開幕CPで準備不要)

水着ティー…異常な供給力でCPゲージをぶっ壊した上、全状態・遅延無効耐性を全員に配る万能チート。オリビエとセットで更に猛威を振るう、

吟遊詩人オリビエ…「メロディーローズ」ループが汎用的に有効。上手く回せば回復役が要らなくなる。回復クラフトは自分中心なので位置取りには注意。

花嫁エリィ…総合的には前二人に若干劣るが、状態異常耐性・遅延無効・HP回復量UP(メディオーブ)により、水金土日の固定ヒーラー&CP補給役として鉄壁。

 

回復役Ⅱ(サブ。要CP供給手段)

アルフィン、トワ…現状最高値の汎用被ダメアップ付与を持つ。アルフィンは回復クラを持たないが、パッシブで時間短縮に有力。トワは範囲回復でじっくり向き。

エリオット、セーラーティオ…開幕異常持ちが他に居なければ有力候補。回復クラに蘇生効果付き。パッシブ的にアーツパーティ向けだが、単体で入れても仕事は可能。

星杯騎士ワジ… 準備を要するがダメージ計+240%+CP補給で火力要員にもなる。クリティカルアップ枠として防御寄りのティータと競合。

 

加速役 実質2択。

シェラザード無課金の女神。ノーマルのままで行く場合、装備等でHP耐久特化にして補強必須。Sクラが単体なのでトーテムに使えば終盤も加速ループが可能。

水着エマ…序盤のバリア、行動時とクレシェントシェルでの回復が地味にありがたい。ただし吹き飛ばされるとローテが破綻するので陣形に注意。

 

その他有力な補助

CP自動供給系…長期戦なので開幕系とは別にいても役立つ。

起死回生系…耐久があればなくてもなんとかなるが、保険としてあるといい。

衣装ノエル…カウンター直後で仇となることもあるが、殴り合うなら最強の補助。

 

 

レイドの主な報酬

ワールド目標+参加賞

  • ★1メディカルクオーツ7個、10000ミラ
  • 鍛冶職人のバッジ、5000ミラ(挑戦毎)

ギルド目標

  • アクアみっしぃ推薦状×2
  • 初級の強化石箱×4
  • ★2メディカルクオーツ(4~10)

ボス撃破

  • ★6メディカルクオーツ(ボスの属性)

実績

  • グレンみっしぃの推薦状×1(日間・30万)
  • ★6Mクオーツ引替補助チケット×2(日間・300万)
  • グレンみっしぃの推薦状×4(週間・10万)
  • バイオレット・サクラみっしぃの推薦状×各10(週間・3万/5万)
  • ★3~6メディカルクオーツ(週間・ダメージ実績)
  • ★6Mクオーツ引替チケット(週間・ダメージ実績)
  • 200BC(週間・ボス撃破)

 

基本報酬はメディカルクオーツが1個増えただけだが、日間実績に手が加えられ新たに★6Mクオーツ引替補助チケットが手に入るようになった。補助チケは10枚で本チケ1枚と交換でき、特販ショップでランダムで並んでいる石と交換できる。これによって石の曜日相性での集まりにくさや吟味しにくさが多少改善された。

 

 

攻略

まずトーテム3体、特にダメージ軽減を無尽蔵に付与するグレイブ、HPが低いキャラの事故率が上がってしまうフレイムを駆除するのが最優先となる。

各曜日で有効率100の状態異常が3個程度あるので、状態異常を範囲でばらまけるキャラがいると倒しやすい。もっとも、毎日スタメンを変えるのはダルい&先制されることもあるので、毎日撃破を前提とする場合はクレア等の開幕系で速攻するのが効率的。

トーテムは軽減率が100%になっているだけなので、f:id:absfield:20190205092324j:plain軽減率低下系アイコンが付いている状態ならダメージは通る。そこからさらに導力遮断等を再付与したり、重複可能な付与を入れて強引に突破したり、といったことも可能。

レイドボス一体になればあとは火力と耐久の問題。前提としてパッシブのクリティカルダメージ、攻撃クラフトダメージ等合計でダメージ+300%程度は欲しい。曜日ごとの特殊なギミックを見極めれば低火力でも範囲回復役と衣装ノエルで打倒は可能。

 

 

月曜 アークデーモン  魔法型
  • 特性:レイドボスにダメージを与えるとレイドボスにダメージ軽減付与/2ターン
  • 特性:レイドボスからダメージを受けるとクリティカル率低下付与/3ターン
  • リミットアーツ:ユグドラシエル(駆動有り)
  • ルードスードに有効な状態異常:封技・火傷・睡眠

とにかくグレイブを速攻で倒す。もたもたしているとf:id:absfield:20190205092324j:plain汎用ダメージアップ(軽減率低下)付与を入れてもダメージ0状態でろくにダメージを与えられなくなる。独自アイコン系の軽減率ダウンは「ダメージを与えた時」に発動するものが多いため、0ダメージでは付与できない。この状態になるともはや手が付けられなくなってしまう。

900万以降、レイドボスの付与2ターンが付いている状態での軽減率は100~110%。グレイブによる付与1回でおそらく120%なので-15%のまじかるアリサなどでは届かなくなる。

トーテムを片付け、トワなどの安定した-25%以上の付与要員・耐えられる回復役がいればあとはルーチンワーク。固さが面倒だが、逆にいえばそれだけなので、事故が起こりにくい。防御系パッシブに自信がないパーティには比較的倒しやすい曜日と言える。

 

火曜 メガロバット  物理型
  • 特性:レイドボスにダメージを与えるとHP回復量低下A/2ターン付与(重複有り)
  • 特性:レイドボスからダメージを受けるとHP回復量低下B/2ターン付与(重複有り)
  • リミットアーツ:クリムゾンレイ(駆動無し)※旧レイド同様こちらが使う物とは別物で対象は全体。
  • ルードスードに有効な状態異常:封魔、凍結、挑発

攻撃力が高いためトーテム撃破はフレイム優先。

回復量低下(f:id:absfield:20190226083549j:plain)はおそらく蓄積型、一回につきA/-40%、B/-30%ぐらいされているので既に付いている状態で連続して攻撃/ダメージを受け続けると完全に0になり、エリィのメディオーブ効果や、クレアの氷の加護(回復量+50%)でも相殺できなくなる。

ターン経過でアイコンが消えると蓄積も解除されるので、危なくなったらAT加速クラフトからの低ディレイの補助クラフトやティア連打等で消して立て直す。

リミットアーツ5回+αをどう凌いでいくかという戦闘となるので、極力レイドボスに行動させないようにしたい。他のレイド同様、最初の2回は水着エマのバリアやアダマスガードで防げる。その後は毎回加速するか、起死回生で耐えるしかない。もしくは一旦死んでから水着エリィなどの蘇生付き回復クラフトで蘇れば回復低下も消えている(死ぬ度に交代画面が出るので少し面倒臭いが)。

レイドボス自体は柔らかいため、火力に自信があれば終盤はSクラ連発でゴリ押しもきく。一番楽なのはヴィータで、木曜のマクバーンのように一撃でオーバーキルできるので初撃以外のカウンターをすっ飛ばせる。

 

水曜 ダイアモンドスターク  物理型
  • 特性:レイドボスにダメージを与えるとCP-30
  • 特性:レイドボスからダメージを受けるとCP-30/2ターン付与
  • リミットアーツ: アラウンドノア(駆動無し)
  • ルードスードに有効な状態異常: 石化・睡眠・暗闇

 CP-30アイコンの方は、メルティやCP回復パッシブのに吸われるため、以前と違いクラフトの正攻法で突破したい場合、単純に供給量で上回るしかない。CPが確保できていれば他に面倒なこともなく、倒しやすい相手。

吟遊詩人オリビエでゴリ押しも可能となった。CP0にされても他のキャラが動いているうちに90まで回復するのでいくらでも立て直せる。

一方アーツはCP不要なのでアーツ系パッシブが豊富に揃っているならユグドラシエルで行くという手もある。

 

木曜 オークヴィラージ  魔法型
  • 特性:ランダムで連続行動(2~3)、高回避
  • リミットアーツ: サンダーシクリオン(駆動有り)
  • ルードスードに有効な状態異常:火傷・凍結・気絶

相変わらずマクバーンのために用意されている回避の日。ジャグラー持ち以外は当たらなくてイライラするため、命中系パッシブに自信がなければクリムゾンフレアゲー安定。

中頻度で発生する連続行動時は、すべて1ターン内の行動扱いなのでSブレイクでも割り込むことができない。リミットアーツを起死回生などでギリギリ耐えられる計算でも事故が発生するので安全マージンは多めに取ること。

  

金曜 ダークレジェンド 時 物理型
  • 特性:レイドボスにダメージを与えると攻撃者にATディレイ増加/2ターン付与
  • 特性:レイドボスの攻撃を受けると確率でATDown
  • リミットアーツ:シャドーアポクリフ(駆動無し)
  • ルードスードにルードスードに有効な状態異常:石化・暗闇・混乱

以前はこちらが加速すれば楽勝の日だったが、それを克服してきた難敵。終盤のシャドアポでも遅延が入るため、遅延対策キャラを持たない場合、レイドボスがAT最上に居座り続けて「ずっと俺のターン」状態になってしまう。

アイコン上わかりにくいが、「ラ・フェスタ」のようにクラフトなどのディレイが増加するだけで、AT加速が禁止されているわけではない。加速役がシェラならSクラフトの対象としてルードスードを一体残しておけば、ディレイ増加アイコンが付かないまま加速ループを維持できる。

または、吟遊詩人オリビエとCP系で、シャドアポ→1人戦闘不能→Sブレイク(復活&CP20)→Sブレイク(全回復)→シャドアポ→1人戦闘不能→Sブレイク×2…と無限メロディーローズ・Sブレイクのパターンが作れるので、(面倒だが)安定して倒せる。

 

土曜 ダークリッパー  魔法型
  • 特性:レイドボスを攻撃すると反射1回&カウンターアイコン発生
  • 特性:アイコン発生中にレイドボスを攻撃するとカウンターで「セレスティアル」(攻撃扱い)
  • 特性:レイドボスの攻撃を受けるとHP回復量低下/2ターン
  • リミットアーツ: ラストディザスター(駆動有り)
  • ルードスードに有効な状態異常:封技・封魔・気絶

特定キャラが居なければ全レイド日で最難関。相変わらず攻撃するだけで反射が付くので、数発で倒せる火力か、(仮面)アリアンロードやプリズナーシャーリィなどの100%貫通持ちが居ないと非常に面倒臭い。

ただ、セレスティアルカウンターでこちらも加速できるので、貫通で攻撃できれば加速し放題とも言える。カウンターとリミットアーツが重なった場合、発動はセレスティアル→ラストディザスターの順で連続で来るので注意。

HP回復量低下は火曜と違って攻撃を受けるだけで0(-100%)だが、重複はないので、クレアなどの回復量上昇キャラが居れば回復できるようになる。居なければリミットアーツごとに攻撃の手を休めて解除。

 

日曜 ビジョウ  物理型
  • 特性:レイドボスにダメージを与えるとレイドボスにカウンターアイコン発生
  • 特性:アイコン発生中にレイドボスのレンジ内から攻撃するとカウンターで「美味しい」
  • 特性:レイドボスの攻撃を受けるとランダムで状態異常
  • リミットアーツ: アヴァロンゲート(駆動無し)
  • ルードスードに有効な状態異常:毒・火傷・挑発

「美味しい」の射程は3マス程度、駆動中でも発動。範囲が中円~大円で近くにいると攻撃者以外も巻き込まれるので直線や広範囲クラフトで遠距離から攻撃する。

状態異常はカウンターやリミットアーツでも食らうため、回復役は自身は状態異常にならず、すぐ立て直せる花嫁(水着)エリィが適任。

もしくは状態異常を完全無効にできるアリアンロードがいれば属性相性と相まってイージーモードと化す。巫女アネラスは解除に1ターン掛かるので事故リスクも残るが、詰みにくくはなるのでアリアンがいなければオススメ。

対策キャラが居らず正攻法でいく場合は地獄の運ゲーがはじまる。キュリアの薬を大量に持っていこう。

 

*1:600万ダメージ以上を一気に与えた場合、バリアは2回あっても1度しか発動せしない。500万ダメージまでなら2発ともバリアで防げるので、一撃で倒せない場合は500万→500万の2撃目で倒すのが効率的。

*2:レイドボスは開幕に起死回生を持っているため、ヴィータは本命の二撃目までに300万のカウンターを一旦使わせれば一撃で倒せるが、マクバーンは逆に300万以降劫炎状態が無効のため、それまでに準備+起死回生解除などと併用する必要あり。